コラム

コラム

2024.02.09

適切なAGA治療を受けるために知っておきたいAGA治療薬の違いについて

はじめに

髪の薄さや抜け毛の悩みは、多くの人にとって重要な問題です。
その中でも、遺伝的な要因や男性ホルモンの影響によって引き起こされる脱毛症の一形態であるAGA(Androgenetic Alopecia)は、特に男性にとって深刻な悩みの一因となります。
AGA治療には数多くの選択肢があり、その中でも特に注目されているのが様々な治療薬でミノキシジルやデュタステリドなど、多岐にわたる治療薬が処方されており、それぞれの薬には異なる特性や効果があります。
このコラムでは、適切なAGA治療を受けるために知っておきたい治療薬の違いに焦点を当て、それぞれの治療薬の違いや特徴について紹介します。

AGA治療薬の選択肢:効果と注意点

AGAの原因や進行は個人によって異なり、早い段階から対策を考えることが重要です。
そんなAGA治療において注目を集めるのが、ミノキシジルやデュタステリドなどの治療薬です。ここでは、それぞれの治療薬の特徴と注意点に焦点を当ててみましょう。

 

ミノキシジル:血流促進で発毛を促す

ミノキシジルは内服薬、外用薬として使用され、共に血流を促進し毛髪の成長を促進する効果があります。この治療薬は発毛を促進する効果が期待されますが、一方で頭髪以外の体毛も増加する可能性があります。また数か月の継続的な使用が必要なので、効果が感じられるまでの時間が求められます。 内服薬のミノキシジルは血圧を下げる作用があり、使用には医師の指導のもとで行うことが重要です。

フィナステリド:DHT生成の抑制

フィナステリドは、テストステロンから生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種の生成を抑制し、脱毛を防ぐ内服薬です。ただしフィナステリドの治療効果には個人差があり、すぐに効果が現れるわけではなく、数ヶ月から半年以上の継続的な治療が必要となる場合があります。また一部の患者は「初期脱毛」と呼ばれる一時的な脱毛現象を経験することもあります
そして副作用として性欲減退や勃起障害などが発生する可能性があります。副作用の発現時には医師に報告し、適切な対応が必要な点など、使用の際には医師との綿密な相談が必須です。

デュタステリド:広範なDHT抑制

デュタステリドもフィナステリドと同様にDHTの生成を抑制する内服薬で、脱毛治療に使用されます。フィナステリドに比べ、より広い範囲でのDHT抑制を行える事が特徴です。ただし、初期脱毛が起こる点や継続的な治療が必要となる点、副作用のリスクについてもフィナステリド同様に存在し、副作用が現れた場合には迅速に医師に相談が必要です。

 

上記の説明通り、ミノキシジルは血流促進を通じて発毛を促進し、フィナステリドとデュタステリドはDHTの生成を抑制します。
さてAGA治療薬のフィナステリドとデュタステリドは一見似たような効果をもっていますが、この二つの治療薬の違いを理解することは、AGA治療においてより適切な治療法を見つける手助けとなります。
それでは、フィナステリドとデュタステリドの違いを詳しく探ってみましょう。

フィナステリド とデュタステリドの違いとは

効果のメカニズム

フィナステリド: 5αリダクターゼという酵素を阻害することによってDHTの生成を減少させます。これにより、毛髪へのDHTの悪影響が軽減され、毛髪の成長サイクルが正常化されることで、脱毛を改善する効果が期待されます。
デュタステリド: フィナステリドが阻害するのと同じ5αリダクターゼを抑制することによって、DHTの生成を抑制します。しかし、デュタステリドはフィナステリドよりも種類が多く、5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。これにより、広範囲でのDHTの抑制が可能となります。

治療効果と範囲

フィナステリド: 脱毛の原因である5αリダクターゼⅡ型の範囲である前頭部や頭頂部に進行している脱毛に効果があり、その部分での髪の成長サイクルを整える効果が期待できます。
デュタステリド: 5αリダクターゼⅡ型の範囲である前頭部や頭頂部に加え、5αリダクターゼⅠ型の範囲である側頭部や後頭部など、より広い範囲で効果が期待できます。

処方の適応範囲

フィナステリド: AGAの治療に使用され、初期の段階での使用が一般的です。
デュタステリド: 強力なDHT抑制が可能なので、フィナステリドでは効果が及ばない部位での治療や、治療範囲を広げたい場合などに選択されます。

 

このフィナステリドとデュタステリドの違いのように、AGA治療薬には個々の特徴や注意点があり、患者は自身の状態や希望に基づいて慎重に治療薬を選択する必要があります。
これらの違いを知ることで、患者や医師は個々の症状や治療目標に合わせて適切な治療法を選べるようになります。次に、これらの治療薬を選ぶ際のポイントを考えていきましょう。

治療薬の選択ポイントと個別の選択が必要なAGA治療

AGA治療薬の違いを理解したら、どちらの治療薬を選ぶべきか考える際のいくつかのポイントがあります。
まず、自身の脱毛の進行具合や気になる部位を確認しましょう。
フィナステリドは特に頭頂部に焦点を当てていますが、デュタステリドは側頭部などより広範な範囲で脱毛を防ぐ効果が期待できます。ミノキシジルを併用すれば発毛効果も期待できます。
また、個々の体質や健康状態も考慮に入れる必要があります。
副作用のリスクや希望する治療範囲を考慮しつつ自身にあった治療法を見つけるには医師の診察を受ける事が欠かせません。

AGA治療は継続的なものであるため、個々の状況に合わせたアプローチが求められます。
選ばれた治療法が成功するためには、自身の脱毛の進行状況や健康状態を正しく理解した上で、専門医の診察と継続的な治療を通じてより良い結果を追求していくことが、AGA治療の成功への道です。

 

AGA(男性型脱毛症)治療
ミノキシジルタブレット ミノキシジルタブレット処方 ミノキシジルタブレットとは、高い

 

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)について プロペシアと成分も効果も同等 抜け毛を抑える プロペシアよりも

 

AGA(男性型脱毛症)治療
AGAとは プロペシアよりも髙い発毛効果 ザガーロジェネリックの効果はザガーロと同等 プロペシアよりも低価格のためAGA治療を継続しや
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-548-4297
[月~土] 11:00-~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
広島ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト