薄毛・AGA治療

目次

AGAとは

「男性型脱毛症」のことをAGA(Androgenic Alopecia)といいます。成人男性に発症する脱毛症で、男性に最も多い薄毛のことです。

AGAは遺伝や男性ホルモン、血行不良などの影響が主な原因と考えられています。AGAは発症すると思春期以降、男性の毛髪の生え際から頭頂部にかけて薄毛になります。AGAは若い方でも発症しますし、薄毛の部位も下記の図のように様々な進行パターンがあります。

AGAとは

AGAの進行パターン AGANewsより

AGAは進行性で、早めのケアが大事

20~69歳の日本人男性は全国で4,200万人おり、その中でAGAを発症している人は1/3の1,260万人です。AGAの男性のうちAGAの進行を心配している方が2/3の800万人、何らかのケアを行ったことがある人が1/2の650万人と言われています。

AGAは進行性の疾患です。何のケアせずに放置すると、下記のグラフのように髪の徐々に薄くなり、段々と減っていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

AGAは進行性で、早めのケアが大事

AGA-Newsより

AGAの特徴

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます(緩徐進行性)。 その際は額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方または双方から薄くなりますが、側頭部や後頭部には起こりません。頭髪が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。 但しAGAでは、通常、薄毛になっていても、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAが進行して、頭皮の色が通常の皮膚の色になっても決してあきらめる必要はありません。

ご相談だけでも結構ですのでご来院ください。横浜ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック横浜院)の医師が、あなたに最適な治療やケアの提案を致します。

AGAの原因

AGAの原因は、遺伝や男性ホルモンの悪影響、頭皮の血流の悪化などが大きく関係しています。

遺伝的には、母親の影響があることが遺伝学上証明されています。それ以外はまだ明らかになっていませんが、AGAは多因子遺伝と言われており、父親の遺伝の影響も受けると言われています。

AGAの主な原因物質として男性ホルモンのひとつ、ジヒドロテストステロン(DHT)が知られています。男性ホルモンのテストステロン(TH)が頭皮にある5αリダクダーゼという酵素と結合しDHTに変換されます。このDHTが、毛髪の成長期を短縮させてしまい、細く弱い毛髪が増加し薄毛になっていきます。
毛髪には毛周期(ヘアサイクル)という周期があり、髪の1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返しています。下記の図のように、毛包は成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2~6年続きます。
しかし、AGAの人はDHTが頭皮のレセプターと結合することによって、ヘアサイクルを乱し、成長期が短くなるため、毛髪が十分成長せず、細く、短く弱い毛髪になってしまいます。

また、たばこやアルコール、バランスの悪い食事、運動不足、睡眠不足、ストレスなどの生活習慣が影響しており、生活習慣が乱れると、頭皮の血流が悪くなり、毛包の活性化が低下して、頭髪が育たなくなったり、必要なミネラルが頭髪にいきわたらなくなり、薄毛の原因になることがあります。

AGAの人のヘアサイクルは成長期が短くなっています。

AGAの人のヘアサイクルは成長期が短くなっています。

AGA-Newsより

AGAセルフチェック

AGAかどうかセルフチェックしましょう。

  1. 母、母方の祖父母に薄毛の人はいますか? YES、NO
  2. 以前に比べ抜け毛が増えましたか?    YES、NO
  3. うぶ毛のような細く短い髪の毛が多くなり、昔に比べてハリ(コシ)がなくなりましたか? YES、NO
  4. 思春期以降に髪の毛が薄くなり始めましたか? YES、NO
  5. 薄毛は徐々に進行していますか? YES、NO
  6. 額の生え際から髪の毛が後退していますか? YES、NO
  7. 頭頂部の髪の毛から薄くなっていますか? YES、NO
  8. 額の生え際と頭頂部の両方から薄くなっていますか? YES、NO

一つでも当てはまったらAGAの可能性があります。

AGA治療薬

AGA治療薬には、主にAGAの原因であるDHTの産生を抑制する薬と、頭皮の血行を良くする薬があります。

DHT産生を抑制する薬はプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)があり、DHTの産生を抑えることで、抜け毛を抑制し、ヘアサイクルを正常に近づける作用があります。ケトコナゾールシャンプーもDHT産生を抑制します。

頭皮の血行を良くする薬は、ミノキシジルやカルプロニウム塩化物(フロジン、アロビックス)があります。特にミノキシジルは高い発毛効果が期待できます。

AGA治療の基本

2017年に日本皮膚科学会が「男性型及び女性型診療ガイドライン2017年版」というAGAの治療指針を発表しています(下図)。

推奨度Aを「行うよう強く勧める」とし、最も推奨しています。C1までの薬や施術にその有効性と安全性が確認されています。

推奨度 推奨度の分類 薬剤・施術
A 行うよう強く勧める フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル
B 行うよう勧める 植毛
C1 行ってもよい カルプロニウム塩化物、ケトコナゾール、かつら
C2 行わないほうが良い 成長因子、細胞移植療法

男性型及び女性型診療ガイドライン2017年版から一部抜粋して作成

上記のようにプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルを推奨度Aとし、「行うよう強く勧める」としています。治療の基本はこの3剤ですが、プロペシア、ザガーロとミノキシジルは作用機序が違うため、併用することができ、ガイドラインでも併用の治療を推奨しています。
またプロペシアやザガーロは、増量しても効果が変わらないことが知られており、多剤を併用し、多角的な治療をすることが発毛への近道です。

C2は逆に「行わないほうが良い」とされており、成長因子・細胞移植療法は高額な治療ですが、科学的な根拠が乏しく、カツラよりも推奨されていません。

横浜ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック横浜院)では、これらを用いたカクテル治療「AGAドクターズカクテル」を処方しており、その方の薄毛の症状や体質により、成分を組み合わせることでAGAを効果的に治療することができます。

AGA治療薬の処方

横浜ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック横浜院)では、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルの処方を行っております。

2020年、すべてのAGA治療薬のジェネリック医薬品が処方(販売)されております。横浜ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック横浜院)でもお手軽な価格で処方できるよう努めて参ります。診察料は頂いておりませんのでお気軽にお越しください。

またオンライン診療を行っております。ネット通販、個人輸入代行だとお手元に薬が届くまでに2週間~1か月かかりますが、横浜ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック横浜院)ではすぐに発送いたしますので、診療後に2~3日でご自宅に薬が届きます。ぜひご利用ください。

頭髪に必要な栄養素・ミネラル

亜鉛やリジン、ビタミンなどの摂取をしましょう。

亜鉛 AGA治療に必須の栄養素。毛髪の生成に関与。
リジン 必須アミノ酸のひとつ。発毛効果の報告あり、AGA治療薬の効果を高める作用が報告されている。
ビタミンB 毛髪の原料、薄毛や白髪を予防する。
ビタミンC 毛髪の代謝を促進する。

亜鉛は、AGAには必須の栄養素ですが特に日本の土壌には亜鉛が少ないそうで、通常の食事から摂取できる亜鉛の量は少なく、食事以外に亜鉛を摂取する必要があります。リジンは単独で発毛効果があることが知られていますが、AGA治療薬と併用すると相乗効果があるといわれています。

薄毛治療・AGA治療 Q&A

Q.AGAとは何のことですか?

A.AGAは男性型脱毛症のことです。おでこから頭頂部にかけて起こる男性特有の脱毛症で、おでこの生え際が徐々に後退する、M字の様に薄毛が進行する、てっぺんだけ薄くなるなどいくつかの症状があります。

Q.AGA治療薬を飲むとどれくらい髪の毛に有効ですか?

A.AGA治療薬は3年間毎日服用した場合の有効率は98%という結果があります。このことから十分な効果を期待できると言えます。当院オリジナルのAGAドクターズカクテルをご利用の患者様の多くが3ヶ月から6ヶ月程で効果を実感されています。

Q.フィナステリドやデュタステリドの副作用で髪が抜けるんですか?

A.プロペシアには「初期脱毛」と呼ばれる現象があります。これはDHTによって乱れた毛周期が正常化するために起こる現象です。一旦抜けた後からは、太く健康な毛髪が育ち始めます。

Q.フィナステリドやデュタステリドを服用中に献血はできますか?

A.両剤とも服用中は献血をすることができません。フィナステリドは服用を中断してから1ヵ月、デュタステリドは半年以上経過する必要があります。

Q.AGA治療薬を継続服用中に健康診断を受けます。

A.一般検査の結果に影響を与えることはありません。しかし、フィナステリドやデュタステリドを服用中は前立腺癌の指標数値であるPSA値が半減する可能性がありますので、PSA検査をする場合は担当医に申し出るようにしてください。この数値の変動は服用中止後概ね2ヶ月で収まります。

Q.AGA薬の服用中にパートナーが妊娠しても胎児に影響はありませんか?

A.AGA治療薬の成分によって精子、精巣に対する異常は確認されていません。フィナステリドやデュタステリドを服用中にパートナーが出産した場合も胎児に異常はないことが確認されています。しかし、フィナステリドやデュタステリドは女性が触れてしまうと胎児に影響を及ぼす可能性がありますので、管理には充分気を付けてください。ミノキシジルは献血と同様に影響はありません。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-548-4297
[月~土] 11:00-~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト