コラム

コラム

プロペシアの効果と副作用

AGA(男性型脱毛症)の治療薬としてプロペシア(propecia)は世界で初めて発売されました。現在では、プロペシアの他にもAGA治療に効果があるデュタステリドやミノキシジルなどのAGA治療薬もあります。しかし、治療薬の選択肢が増えれば「どの薬がいいのか分からない」、「プロペシアのみの効果が知りたい」、「効果や期間」、「服用中止したらどうなるのか」、「やめるタイミングはいつ頃なのか」。また、プロペシアの効果や副作用なども詳しく知らないと心配する方も多いのではないでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)の副作用については、厚生労働省が「プロペシアの副作用に関する厚生労働省からのお知らせ」を公開しており、インターネットで見ることができます。また、プロペシア(フィナステリド)の長期服用の副作用は海外や国内で臨床試験が行われ、肝臓に肝機能障害を起こす場合もあることが確認されていますので、医師に相談してから医療機関で処方してもらいましょう。今回は、プロペシアの効果や副作用についてご説明いたします。

プロペシア(フィナステリド)とは

プロペシア(フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として世界で初めての経口タイプの治療薬です。元々、プロペシアはフィナステリドを主成分とした前立腺肥大症の治療薬「プロスカー5mg錠」としてアメリカのメルク社によって開発され1992年に認可されました。その後、プロスカーを服用した患者に薬の副作用として多毛症状がみられたため研究を進めた結果、毛髪の成長効果があることが確認されました。そして、1997年に日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬局)でAGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア(フィナステリド)」として承認されました。日本国内では、2005年に厚生労働省の承認を受けて、プロペシアの主成分であるフィナステリドを開発したメルク社の日本法人にあたる、万有製薬(現MSD社)が販売しています。プロペシア(フィナステリド)は、現在では世界60ヵ国以上で承認されており、AGA(男性型脱毛症)でお悩みの多くの方が服用されています。

プロペシア(フィナステリド)の効果

毛髪にはヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期と毛周期を繰り返します。その中で成長期は約3年以上続き毛髪を太く長くします。しかし、AGA(男性型脱毛症)の方は、成長期が半年程度に短くなり生え際から頭頂部にかけて毛髪が細く短くなってしまい、最終的には脱毛してしまい薄毛が目立つようになってしまいます。日本人男性の約30%に発症する症状であり、早い方では思春期から始まると言われ、20代後半から30代にかけて増加します。こうした症状の原因になるのが、DHT(ジヒドロテストステロン)です。男性ホルモンのテストステロンを5α-還元酵素がDHTへ変換し生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、毛母細胞の分裂を阻害し正常なヘアサイクルを狂わせてしまうのです。

プロペシア(フィナステリド)は5α-還元酵素阻害薬に分類される薬剤です。この5α-還元酵素は、Ⅰ型とⅡ型がありプロペシア(フィナステリド)はⅡ型5α-還元酵素を阻害する作用があります。プロペシア(フィナステリド)を服用する事により、男性ホルモンのテストステロンを5α-還元酵素によりDHTに変換する働きを阻害し生成を抑制しますので、狂っていたヘアサイクルを正常に移行することになり短くなっていた成長期が長くなるため、毛髪が太く長く成長することが期待できるのです。

プロペシア(フィナステリド)の効果は、基本的に脱毛を抑制して、毛髪を強くすることです。そのため、プロペシア(フィナステリド)を服用したからといって劇的に毛量が増える訳ではありません。継続的に服用することで毛量自体が増えたと感じる方や臨床試験において発毛効果が認められていますが、個人差があります。脱毛を抑制し毛量も増やしたいという方は、発毛効果の高いミノキシジルと併用することをお勧めいたします。プロペシア(フィナステリド)の効果を実感できるまでには、約6ヵ月から1年間とされており、個人差もありますので継続して飲み続けることが重要ですので、飲み忘れや自己判断で服用中止はしないようにしましょう。

また、円形脱毛症にプロペシア(フィナステリド)の治療効果は期待できません。円形脱毛症は、「自己免疫疾患」や「精神的なストレス」、「遺伝」などが原因ではないかといわれています。免疫機能が何らかの影響で毛根を異物や外敵と誤認して、毛根を攻撃してしまい傷ついて毛髪が抜けてしまうと考えられています。そのため、5α-還元酵素阻害薬に分類されるプロペシア(フィナステリド)を服用しても効果は期待できません。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシア(フィナステリド)の副作用は、国内で行われた臨床試験において主な症状は「リビドー減退(性欲減退)1.1%」、「勃起不全0.7%」が確認されました。その他の副作用は「射精障害」、「精液量減少」、「睾丸痛」、「男性不妊症」、「精液の質低下」、「過敏症(発疹、蕁麻疹、むくみ)」、「乳房肥大」、「抑うつ症状」、「めまい」なども確認されています。プロペシア(フィナステリド)は、男性ホルモンの働きを抑制する薬剤ですので、男性機能に関する副作用が多いようです。また、稀に肝機能障害が現れることもあり、非常に強い倦怠感や肝機能異常が出た場合は服用を中止し医師にご相談して下さい。しかし、副作用はどれも極めて低い数値となっており、服用した方すべての人に副作用の症状が現れる訳ではありませんので過度に心配する必要はないようです。

プロペシア(フィナステリド)の使用上の注意

プロペシア(フィナステリド)は、前立腺癌のマーカー(癌があるか判断する基準)の数値を下げてしまいます。そのため、健康診断や血液検査を受けるときは、医師にプロペシア(フィナステリド)を服用していることを必ず伝えましょう。

また、プロペシア(フィナステリド)は、男性ホルモンを抑制する作用があるため、女性、特に妊婦や授乳中の女性が服用することは出来ません。胎児や乳児が男子の場合、生殖器官の正常な発育に影響を及ぼす可能性があります。口から服用することはもちろんですが、皮膚から体内に成分が吸収されることもありますので、使用する際には十分な注意が必要です。

プロペシア(フィナステリド)の副作用の発現率は、極めて低い数値ですが使用上の注意などもありますので、医師に相談のうえ処方してもらいましょう。また、プロペシア(フィナステリド)の副作用によりEDの症状が現れお悩みの方にもバイアグラ(シルデナフィル)やシアリス(タダラフィル)などのED治療薬は有効です。ユナイテッドクリニックでは、プロペシア(フィナステリド)、バイアグラやシアリスなども取り扱っておりますので、一度ご相談にお越しください。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-548-4297
[月~土] 11:00-~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト