コラム

コラム

2016.05.28

ミノキシジルと耐性

AGA治療薬としては、「攻めの治療」として知られているミノキシジルというお薬がありますが、今回はその効果・耐性についてお話ししたいと思います。日本では育毛剤・発毛剤として有名な外用薬の「リアップ」の有効成分として有名ですが、ミノキシジルにはタブレットのものもありAGA治療に非常に有効です。ミノキシジルタブレットの服用を続けると効果がでなくなってしまうことがあるのか、ミノキシジルの成分に対して耐性がついてしまうことがあるのかについても詳しく触れたいと思います。

ミノキシジルとは

AGA治療薬といえばフィナステリド(商品名:プロペシア)が認知度が高く、一般的になりました。一時期テレビCMでも「お医者さんに~相談だ~」のフレーズで、プロペシアのメーカーであるMSD社のテレビCMを見かけることがありましたが、みなさんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。昨年4月には、ファイザー社よりプロペシアのジェネリックが販売を開始し、そのあともいくつかのメーカーでも取り扱いを始まっており、価格の面でも非常にお求めやすくなってきています。

プロペシアの以前は、「リアップ」がAGA治療薬として最も有名でした。このリアップの成分名が「ミノキシジル」です。フィナステリド(商品名:プロペシア)の効果が抜毛を防ぐ「守りの治療」と呼ばれるのに対して、ミノキシジルは「攻めの治療」と呼ばれています。もともとは血圧を下げる降圧剤として利用されていた成分で、血管拡張作用があることから髪の毛へ栄養分をしっかり届けることで、発毛を促したり、太く抜けにくい髪を生やす効果があります。このフィナステリドとミノキシジルは皮膚科学会において、AGA治療薬としての推奨度「A」ランクに位置しており、この二つがAGA治療の基本的なお薬になります。

推奨度 治療薬・治療法
A フィナステリド、ミノキシジル
B 自毛植毛
C1 塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール
C2 セファランチン
D 人口毛植毛

(日本皮膚科学会ガイドライン 男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版より)

外用薬

ミノキシジルにはリアップのような外用薬と、錠剤タイプの内服薬の二種類があります。
外用薬は一般的にはミノキシジルの濃度5%のものを使用します。1日2回、髪の毛が乾いていて、清潔な状態の時に、1回1mlを気になる箇所に塗り込み、手でしっかり揉みこみます。
効果の出方は人によってぞれぞれですが、リアップの臨床データによると6カ月間の使用で、「少し良くなった」が50%、「良くなった」が22.9%、「非常に良くなった」が6.3%と、決して低くない割合で効果を実感している方がいらっしゃいます。基本的には効果が出るまで6カ月~12カ月のスパンで見るのが一般的とされていますので、継続して長く利用する必要があります。
副作用は内服薬に比べるとほとんどなく、心配な方がこちらから始めるケースがあります。もともと降圧剤の成分として使われていたものですので、血圧が低い方などには低血圧の症状が出てしまう恐れがありますが、外用薬であれば基本的にはそれほど心配する必要はありません。

内服薬

内服薬はミノキシジルタブレット(ミノタブ)2.5mg又は5mgの錠剤を1日1回1錠服用します。ミノキシジル錠剤としては2.5mg錠、5mg錠、10mg錠があります。外用剤にも同様に言えることですが、体の中でミノキシジルの濃度を一定に保って、発毛を促し続ける必要がありますので、なるべく時間を決めて毎日継続して服用することが一番効果的です。効果の出方をみて増量することができますが、効果判定には6カ月~12カ月程度の時間を設け、いきなり増量したりしないようにしましょう。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は一般の皮膚科など保険診療のクリニックでは取り扱っていませんので横浜ユナイテッドクリニックのようなAGA専門クリニックでの処方が必要になります。
よくある副作用としては、多毛症があります。これは頭髪以外の腕毛、すね毛といったいわゆる「ムダ毛」が増える症状です。言い換えればしっかり薬の効果がでている証拠とも言えますので、頭髪にもしっかり発毛を促している可能性があります。剃毛などで対応するか、どうしても気になる方は服用する量を減量するなどしてください。

また、元々は血圧を下げるお薬でしたので、飲み始めに低血圧の症状が出る方がたまにいらっしゃいます。飲み続けることでお薬に慣れ、そんなに気にならなくなる人がほとんどですので、根気強く服用を続けることをおすすめはしますが、日常生活に支障をきたしかねない場合は服用を中断し、医師に服用の方法をご相談ください。当然ですが、他の降圧剤を飲まれていある場合には併用が可能かどうかについても、必ず医師の確認を取ってください。
ミノキシジル内服薬の効果のデータは日本では未承認であるため国内では多くのデータはありません。

しかし発毛の効果は確実に外用薬より高くまたプロペシア(フィナステリド)だけでは高い発毛効果が得られないからです。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を取り扱っていないAGA専門クリニックはないといっても過言ではありません。まず体の中に直接取り込んでしまうため、ミノキシジルの吸収率が外用剤に比べ非常に高く、効率よくミノキシジルの効果を発揮することができます。外用薬でなかなか効果を実感できていない方は、内服薬をお試すしてみることをお勧めします。

耐性がつく?!

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の服用を続けていると、耐性がついて薬が効きにくくなってしまうことなどはないのでしょうか。薬の服用を続けているうちに、その効果が減弱し場合によっては最終的にほとんど効果がでなくなってしまうことがあります。これが「耐性」と呼ばれるものです。服用を続けているうちに、その成分が作用する受容体が減ってしまうことで効果が減弱してしまう「組織耐性」というものと、その成分を分解する酵素が増えるために、分解が早く進んでしまうことで体のなかで成分の濃度がすぐに下がってしまい、結果的に効果も減弱するという「代謝耐性」の二つがあることが知られています。耐性が付きやすい薬としては「インスリン」、「ニトログリセリン」、「L-ドーパ」といったお薬があります。

ミノキシジルの内服薬の薬剤耐性についてはデータがほとんど無いのが実態です。フィナステリド(品名:プロペシア)にしてもそうですが、脱毛などの症状が目立ってくると、薬に原因があるのではないかと思われる方が多いのですが実際には、依然よりも脱毛を促す男性ホルモンが増えた、生え代わりのサイクルで脱毛目立った、睡眠不足で髪の成長が停滞している、などほかの原因によるものがほとんどです。上記のように一般の方が耐性と考えているものの殆どは耐性とは言えないものですが、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の耐性に関しては「はっきりしない」と理解してください。そのためミノキシジルタブレット(ミノタブ)をむやみに増量すると期待されるミノキシジルタブレット(ミノタブ)の発毛効果が得られない可能性があります。そのためミノキシジルタブレット(ミノタブ)の増量などは医師と相談して慎重に行う必要があります。

薬の耐性は2~3か月程度の期間休薬することでまた以前のように効いてくることが知られており、ミノキシジルも「耐性がついてしまった」と誤解された方が服用を中断してしまうことがあります。ミノキシジルが発毛を促す効果は非常に強力ですので、服用をやめてしまうと服用前の状態にすぐ戻ってしまう可能性があります。自身の判断で服用を中止せずに、医師とご相談ください。

薄毛治療(AGA)ならユナイテッドクリニックへ(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

ユナイテッドクリニック東京の各院では薄毛治療・AGA治療のご相談・処方をいたしております。薄毛治療薬・AGA治療薬のプロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド「ファイザー」「クラシエ」「サワイ」)処方、ザガーロ処方、アボルブ処方(デュタステリド)、ミノキシジル処方(ミノキシジルタブレット処方、ロゲイン、ミノキシジルローション処方)や2%ケトコナゾールシャンプーアロビックス処方をいたしております。また強力な発毛・育毛効果のカクテル療法「AGAメディカルドクターズセレクト」の取り扱いもしており、様々な薄毛治療(AGA治療)を行う事が可能です。
ユナイテッドクリニック東京(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)は東京・埼玉・神奈川で最安値を目指しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。薄毛治療(AGA治療)はユナイテッドクリニック東京にご相談ください。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

横浜ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩3分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR横浜駅「きた西口」の右前の小橋を渡り、直進し、「鶴屋町2丁目交差点を左折」(右手にすき屋鶴屋町店、左手にラーメン町田商店横浜店)してください。数軒先にある第7浅川ビルの4階が横浜ユナイテッドクリニックになります。
また近隣に駐車場が多くありますので車でのご来院も便利です。

横浜駅乗り入れ各路線

JR東日本 東海道線・根岸線・横浜線・京浜東北線・横須賀線・湘南新宿ライン 徒歩3分
東京急行電鉄 東急東横線 徒歩4分
横浜高速鉄道 みなとみらい線 徒歩4分
横浜市営地下鉄 ブルーライン 徒歩5分
相模鉄道 相鉄線本線・いずみ野線 徒歩5分

また神奈川の中心地である横浜は神奈川の各所からのアクセスも良好です。山下ふ頭・横浜中華街からもすぐ受診できます。以下の方は横浜院にもご来院ください。
横浜・川崎・関内・関外・横浜みなとみらい21・新横浜都心・羽沢・港北ニュータウン・新羽・鶴見・二俣川・鶴ヶ峰・戸塚・上大岡・相模原市・横須賀市・小田原市・大和市・平塚市・厚木市・茅ヶ崎市・藤沢市・海老名市・座間市・綾瀬市・逗子市・三浦市・葉山町
東京大田区・稲城市・多摩市・町田市

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階がサンクスの早稲田ビルヂング8階)
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅を直進、メトロ銀座線2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
横浜院 JR横浜駅きた西口徒歩3分、北西口前の小橋を渡り、直進、鶴屋2丁目交差点(左手にラーメン店)を左折し、数軒先の第7浅川ビル4階

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト