コラム

コラム

バイアグラと併用禁忌

ED治療、ED治療薬として世界的に認知されているバイアグラ。今では国内製のジェネリックもシルデナフィルとして販売されているバイアグラですが、誰でも気軽に服用できるわけではありません。ED治療薬も薬剤の一つです。ED治療薬に限った話ではありませんが、薬剤の取り扱いは注意が必要です。特に、「併用禁忌」と言われる、一緒に飲んでしまうと危険を伴う薬剤は細心の注意を払う必要があります。今回はその、バイアグラと併用禁忌についてお話していきます。

バイアグラとは

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬です。そのため、ED治療薬の中で抜群の知名度を誇ります。元々は狭心症のための薬剤を開発していた際、勃起を促す効果が認められ、ED治療薬として研究・開発されたものです。
バイアグラは、勃起に必要な血管を拡張する物質「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を壊す「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という酵素の働きを阻害し、血管を拡張させ海綿体に血液を流せるようにしてくれるお薬で、勃起を促進するED治療薬として知られています。
バイアグラの成分名をシルデナフィルといい、その成分の含有量で強さが違います。日本国内では25mg錠、50mg錠が認可されており、海外では100mg錠も認可されています。また特許権満了に伴い、日本国内でもバイアグラジェネリック(シルデナフィル)が販売されています。バイアグラジェネリックの成分もシルデナフィルですので効果や副作用とバイアグラと全く同等です。
効果が効いている間ずっと勃起しているのではなく、性的な刺激があると勃起するようになります。また、精力の増強や催淫効果などもありません。現在では即効性があり、しっかりとした強さのあるレビトラが人気ですが、バイアグラも根強い人気を誇っています。

併用禁忌とは

併用禁忌という文字通り、併用を禁忌とされていることを併用禁忌といいます。これは薬剤を併用することによって、どちらかの薬剤や双方の薬剤の効力が著しく弱まったり、副作用が強まったり、特に身体に悪影響を及ぼすものが該当します。禁忌、というほどですから誤って服用してしまうと大きな事故につながる恐れがあります。
他にもその薬剤を使うことで特定の病気に対して悪影響を及ぼしてしまう病気禁忌、妊婦やお腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう妊婦禁忌、アレルギーによってショックや発作を起こしてしまうアレルギー禁忌というものがあります。言葉だけ聞くと少々怖いかもしれませんが、そういった併用できない薬のある薬剤は悪い薬、というわけではなく、むしろそれだけ効き目があるとも言えます。では、バイアグラの併用禁忌薬はどのようなものがあるのでしょうか。

バイアグラと併用禁忌

バイアグラの添付文書を見てみると、併用が禁忌とされるものは以下になります。
①硝酸剤及びNO供与剤
②塩酸アミオダロン(アンカロン錠)
③sGC刺激剤・リオシグアト(アデムパス)
※バイアグラ添付文書より抜粋

①の硝酸剤及びNO供与剤は、主に心臓に障害が起こる疾患、いわゆる虚血性心疾患に使われる薬剤です。例えば狭心症や心筋梗塞などがこの分類に含まれます。これらの薬剤は、勃起に必要な血管を拡張する物質「環状グアノシン一リン酸」の産生を刺激するので、バイアグラと併用すると環状グアノシン一リン酸が増大し、降圧作用が増強してしまいます。ニトログリセリン(三硝酸グリセリン)が代表的な硝酸剤で、特に注意が必要なのが薬剤に様々な投与形態があることです。硝酸剤は舌下錠、スプレー、内服薬、注射、貼り薬、塗り薬、吸入薬と多くの種類があります。
薬剤自体の種類も多いため、狭心症で何らかの薬を使用している方は医師と相談のうえ、バイアグラ等ED治療薬を服用するようにしましょう。

②の塩酸アミオダロン(アンカロン錠)は、主に不整脈に対して使用される薬剤です。心室細動や心不全などの症状に使われています。これらの薬剤と併用してしまうと、心臓の挙動に異常をきたし、脈を乱してしまう可能性が報告されています。

③のsGC刺激剤・リオシグアト(アデムパス)は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。複雑な名前の病名ですが、これは肺高血圧症の一種で、肺血管に生じた血栓により徐々に肺動脈圧が上昇し、右心不全をきたすものになります。こちらの薬剤と併用してしまうと、血管拡張を促す物質が増加しすぎてしまい、症候性低血圧という薬剤による低血圧を引き起こすことがあると報告されています。
以上の併用禁忌薬を使用している方はバイアグラの服用はできませんが、不必要な薬剤を継続して服用しているケースもあるため、一度主治医や横浜ユナイテッドクリニックの医師にご相談いただきたく思います。また、当院へお越しの際は、持病や現在服用している薬剤が分かるお薬手帳などを必ず持参いただきますようお願い申し上げます。
参考までに、主な薬剤を以下に示します。

①硝酸剤及びNO供与剤
・ニトログリセリン、ニトロペン、ニトロダーム、ミリステープ、ミオコールスプレー
・ニトロール、フランドル(硝酸イソソルビド)
・アイトロール(一硝酸イソソルビド)
・シグマート(ニコランジル)
・ハイパジールコーワ(ニプラジロール)
・ニトプロ(ニトロプルシド)
・亜硝酸アミル
②塩酸アミオダロン(アンカロン錠)
・アンカロン錠
・アミオダロン塩酸塩錠100mg
③sGC刺激剤・リオシグアト(アデムパス)
・アデムパス錠1mg、5mg、25mg

最後に、併用禁忌だけでなく併用注意、というものも存在しており、薬剤の扱いは本当に繊細で難しいものだということがお分かりいただけるかと思います。ED治療薬も医師の診察を受けたうえで服用することが、自身の安全にもつながります。上記の薬剤を服用中の方も、まずはお気軽にご相談ください。

バイアグラの服用方法・使い方

併用禁忌の薬剤と一緒に飲んでしまうことはもちろんですが、実はバイアグラだけでも服用方法を誤ると危険です。これはED治療薬に限らずどの薬剤にも言えることですが、やはり用法用量を守り正しく使う、ということは必須といえます。バイアグラも薬剤の1つですから、必ず医師の指導のもと服用方法を守りましょう。バイアグラの正しい服用方法は、性行為のおよそ1時間前に、空腹の状態で1錠水で飲むことです。この際、効果を強めたいからと何錠も飲んでしまうと大変危険です。また、食後に飲んでしまうとバイアグラは食事の影響を受けやすいため、効果を期待できません。続けて服用したい場合も、必ず24時間は間隔をあけるようにしてください。

バイアグラの通販・個人輸入

ネット通販、個人輸入などの非正規の流通ルートから購入することもお勧めできません。これは非正規の流通ルートからの購入ですと6割以上、偽造品が混じるという調査結果が出ており、予想もしない作用が偽造品によって出てしまう可能性があるため大変危険となるからです。正規の流通ルートをもつ医療機関で処方してもらうことをおすすめいたします。通販のバイアグラを服用して健康被害や思いもよらぬ副作用などが報告されています。正規の流通ルートをもつクリニックで処方を受けましょう。

バイアグラやバイアグラジェネリックをはじめとしたED治療薬は正しくお使いいただければ危険なお薬ではありません。男性にとって本当に心強い味方となってくれます。だからこそ、正しく服用し続けることが大切になります。医師の診察を受け、説明を受けたうえで処方してもらい、正しく服用することを守りましょう。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニックへ(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の処方、早漏治療薬のプリリジー処方の価格を東京・埼玉・神奈川で最安値の値段で出来るよう目指しております。
思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。またED・男性更年期障害(LOH症候群)に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いも致しており様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

横浜ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩3分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR横浜駅「きた西口」の右前の小橋を渡り、直進し、「鶴屋町2丁目交差点を左折」(右手にすき屋鶴屋町店、左手にラーメン町田商店横浜店)してください。数軒先にある第7浅川ビルの4階が横浜ユナイテッドクリニックになります。
また近隣に駐車場が多くありますので車でのご来院も便利です。
横浜駅乗り入れ各路線

JR東日本 東海道線・根岸線・横浜線・京浜東北線・横須賀線・湘南新宿ライン 徒歩3分
東京急行電鉄 東急東横線 徒歩4分
横浜高速鉄道 みなとみらい線 徒歩4分
横浜市営地下鉄 ブルーライン 徒歩5分
相模鉄道 相鉄線本線・いずみ野線 徒歩5分

また神奈川の中心地である横浜は神奈川の各所からのアクセスも良好です。山下ふ頭・横浜中華街からもすぐ受診できます。以下の方は横浜院にもご来院ください。
横浜・川崎・関内・関外・横浜みなとみらい21・新横浜都心・羽沢・港北ニュータウン・新羽・鶴見・二俣川・鶴ヶ峰・戸塚・上大岡・相模原市・横須賀市・小田原市・大和市・平塚市・厚木市・茅ヶ崎市・藤沢市・海老名市・座間市・綾瀬市・逗子市・三浦市・葉山町
東京大田区・稲城市・多摩市・町田市

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階)
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

記事監修

2003年
帝京大学医学部卒業
2003年
帝京大学医学部付属病院
2007年
帝京大学ちば総合医療センター
2010年
山王病院(千葉市稲毛区)
2013年
池袋ユナイテッドクリニック開設、院長就任
2016年
医療法人社団康英会設立、理事長就任
現在
ユナイテッドクリニックグループ全14院の総院長を務める

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト