コラム

コラム

2016.06.24

薄毛とは

ユナイテッドクリニック東京(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)は薄毛治療・AGA治療専門クリニックです。横浜ユナイテッドクリニックでは薄毛治療・AGA治療・ハゲ(禿げ)治療・抜け毛対策・育毛を行っております。今回はどのようにして髪の毛が細く、抜けやすい状態になるのか、髪の毛が育つ環境にするには何が必要なのかなど、薄毛について詳しく説明いたします。

薄毛とは

薄毛とは、髪の毛のハリやコシがなくなって髪の毛が細くなり全体のボリュームが減少し地肌が目立つ状態のことをいいます。日本人の成人男性で薄毛を自覚しているという方は約1260万人ほどいると言われており、成人男性の3人中1人は薄毛で悩んでいるとされています。

日本人の薄毛の多くは男性型脱毛症(AGA)に分類されます。AGAは遺伝や男性ホルモンの影響、生活習慣の乱れなどが原因となり発症します。AGA以外の薄毛としては頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで引き起こされる脂漏性脱毛症、ストレスなどがきっかけとなって起こる円形脱毛症などが挙げられます。

人の髪の毛は一般的には約10万本あるとされ、髪の毛が生えて抜ける周期(毛髪サイクル)が存在します。毛髪サイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」があり、このうちの成長期が通常2年から6年ほどと言われています。成長期では毛根に存在する毛母細胞が細胞分裂を繰り返し行っています。髪の毛が健康な方は成長期である髪の毛が全体の約90%といわれています。

退行期は毛母細胞の分裂活動が停止し髪の毛の成長が弱まる期間のことを指し、その期間は約2~3週間ほどと言われています。この退行期を経てヘアサイクルは休止期へと移行します。

休止期は、髪の毛の成長が完全に停止している期間で約3カ月ほどといわれています。休止期の髪は髪全体で約10~15%です。この状態になると髪の毛が抜け落ちます。

髪の毛が健康な方の成長期は約2年~6年ですが、薄毛の方はこの成長期が短くなっているので髪の毛が成長せず、すぐに退行期→休止期へと移行してしまうため、髪の毛が抜け落ち薄毛が進行してしまうのです。

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)とは、進行性の脱毛症で思春期以降に発症します。頭頂部の髪、額の生え際のどちらかもしくは両方が薄くなってしまいます。典型的なAGAの経過としては、脱毛がこめかみの上から抜け始め、生え際が退行し上から見た時にM字に見えるようになり、頭頂部の髪も細く薄毛になってしまいます。

男性型脱毛症の原因とは

AGA(エージーエー)の原因には、遺伝や男性ホルモン(DHT=ジヒドロテストステロン)の影響が挙げられます。DHTは、男性ホルモンである「テストステロン」が5α還元酵素(5αリダクターゼ)により変換され生成されます。作られたDHTは、毛根の中にある毛乳頭細胞が持っている男性ホルモン受容体(アンドロゲンリセプター)と結合します。その結果、髪の毛は成長しないまま退行期・休止期へと移行し、薄毛となってしまうのです。

5α還元酵素(5αリダクターゼ)の種類

DHTを作り出す酵素である5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。Ⅰ型は毛根にある皮脂腺に存在し、Ⅱ型は毛根の中にある毛乳頭に多く存在しています。

5αリダクターゼⅠ型 5αリダクターゼⅡ型
特徴 主に脂性の人が多く、ニキビや吹き出物が出やすい人。 主に体毛、ヒゲが多い人に多く存在しています。
場所 前頭部、側頭部、頭頂部、後頭部、腋毛、陰毛などに存在しています 前頭部~頭頂部、ヒゲなどある一定場所に多く存在しています。

 

AGA治療(抜け毛や薄毛対策)

どうすれば抜け毛が止まるのか

抜け毛や薄毛対策には、抜け毛に影響する男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することで対策できます。具体的には5α還元酵素阻害薬と呼ばれる内服薬を服用し、テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼと結合する前に阻害してしまえば、抜け毛、薄毛の原因であるDHTは生成されず髪の毛の成長期が長引き、正常な毛髪サイクルに戻ります。

5α還元酵素阻害薬には、「フィナステリド」「デュタステリド」の2種類があります。フィナステリドは5α還元酵素のうちのⅡ型のみ阻害する薬剤ですが、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型両方を阻害する薬剤ですので、両薬剤を比較するとデュタステリドのほうがより強力に効果を発揮します。

2010年に日本皮膚科学会から男性型脱毛症(AGA)ガイドラインが発表されました。ガイドラインには治療推奨度がありランク付けがなされています。そのなかでも「フィナステリド(プロペジア)」と「ミノキシジル」を使用したAGA治療法が最高ランクであるAランクとなっています。「デュタステリド」はAGAガイドライン策定当時、日本国内でAGA治療薬として認可されていなかったためランク付けがされていませんでした。しかしデュタステリドは2016年6月に「ザガーロ」という名称でAGA治療薬として発売されたため、ガイドライン改訂時にはAランクに入ることが予想されます。

フィナステリドを服用したAGA治療

5α還元酵素Ⅰ型を阻害する薬剤であるフィナステリドは、当初は前立腺肥大症の治療薬として開発・研究されていました。しかし、臨床試験でDHTの生成を阻害し脱毛改善に効果があることが判明し、現在ではAGA治療には必須の治療薬となりました。

フィナステリドを服用する場合は、1日1回1錠を毎日服用してください。「0.2mg錠」と「1mg錠」がありますが、一日の服用量は「1mg」までです。それ以上の服用をAGA治療に用いるのは適切ではありませんので服用するのは止めましょう。

服用時間は1日のうちの何時に飲んでも構いません。また食前食後どちらの服用でも問題ありませんが、毎日同じ時間に服用するようにしてください。同じ時間に服用することは、飲み忘れ防止とフィナステリドの血中濃度を安定させるために重要なことです。

デュタステリドを服用したAGA治療

デュタステリドは、フィナステリドと同じく5α還元酵素阻害薬です。デュタステリドは、フィナステリドの1.6倍の効果があり、5α還元酵素のⅠ型、Ⅱ型両方阻害することができる薬剤です。フィナステリドを服用して期待していた効果が得られなかった場合は、デュタステリドをお勧めします。こちらも1日1回1錠を毎日服用してください。

フィナステリド、デュタステリドは、服用開始後早い方で3カ月で効果実感される方もいらっしゃいますが、「最低でも6カ月間」毎日服用して効果判定してください。効果が感じられない方は自己判断で服用を中止せず、一度専門医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジルを使用したAGA治療

ミノキシジル(Minoxidil)とは、アメリカで血管拡張剤として開発されました。高血圧の経口薬として使用されていましたが、副次的効果として体毛が濃くなったり、発毛効果があることが判明しました。ミノキシジルには、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)という内服薬と、頭皮の薄い部分に塗るミノキシジル外用薬の2種類があります。また、ミノキシジルとフィナステリドもしくはデュタステリドの併用療法は、強力な発毛効果をもたらすことが知られています。フィナステリドもしくはデュタステリドでDHTを阻害し、ミノキシジルで血管を拡張し毛根に栄養を行きやすくすることでより高い発毛効果が期待できます。

AGA治療薬の通販・個人輸入に注意してください

プロペシア・ミノキシジルなどのAGA(エージーエー・薄毛・育毛)治療薬を受け取るには医師の処方箋で薬局から受け取るか院内処方で薬を受け取るかどちらかとなります。国内ではAGA治療薬の通販は禁止されており国内のクリニック・病院が診察なしに郵送することも違法です。海外製AGA薬の個人輸入・通販に関しては認められております。但し、錠数の制限や本数の制限などがあること、流通の際に偽造品が混入してくることが問題となります。インターネットでの個人輸入の際にはかなりの偽造品が混入するといわれています。

きちんとした流通で海外薬剤を購入すればいいのですが個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているので見た目での判別は非常に難しいうえに内服・外用することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。

ユナイテッドクリニック東京(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)各院では医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

薄毛治療(AGA)ならユナイテッドクリニックへ(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

ユナイテッドクリニック東京の各院では薄毛治療・AGA治療のご相談・処方をいたしております。薄毛治療薬・AGA治療薬のプロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド「ファイザー」「クラシエ」「サワイ」)処方、ザガーロ処方、アボルブ処方(デュタステリド)、ミノキシジル処方(ミノキシジルタブレット処方、ロゲイン、ミノキシジルローション処方)や2%ケトコナゾールシャンプーアロビックス処方をいたしております。また強力な発毛・育毛効果のカクテル療法「AGAメディカルドクターズセレクト」の取り扱いもしており、様々な薄毛治療(AGA治療)を行う事が可能です。
ユナイテッドクリニック東京(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)は東京・埼玉・神奈川で最安値を目指しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。薄毛治療(AGA治療)はユナイテッドクリニック東京にご相談ください。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・横浜・大宮)

横浜ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩3分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR横浜駅「きた西口」の右前の小橋を渡り、直進し、「鶴屋町2丁目交差点を左折」(右手にすき屋鶴屋町店、左手にラーメン町田商店横浜店)してください。数軒先にある第7浅川ビルの4階が横浜ユナイテッドクリニックになります。
また近隣に駐車場が多くありますので車でのご来院も便利です。

横浜駅乗り入れ各路線

JR東日本 東海道線・根岸線・横浜線・京浜東北線・横須賀線・湘南新宿ライン 徒歩3分
東京急行電鉄 東急東横線 徒歩4分
横浜高速鉄道 みなとみらい線 徒歩4分
横浜市営地下鉄 ブルーライン 徒歩5分
相模鉄道 相鉄線本線・いずみ野線 徒歩5分

また神奈川の中心地である横浜は神奈川の各所からのアクセスも良好です。山下ふ頭・横浜中華街からもすぐ受診できます。以下の方は横浜院にもご来院ください。
横浜・川崎・関内・関外・横浜みなとみらい21・新横浜都心・羽沢・港北ニュータウン・新羽・鶴見・二俣川・鶴ヶ峰・戸塚・上大岡・相模原市・横須賀市・小田原市・大和市・平塚市・厚木市・茅ヶ崎市・藤沢市・海老名市・座間市・綾瀬市・逗子市・三浦市・葉山町
東京大田区・稲城市・多摩市・町田市

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階がサンクスの早稲田ビルヂング8階)
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅を直進、メトロ銀座線2番口そば、1階にファマリーマートのリプロ新橋4階)
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
横浜院 JR横浜駅きた西口徒歩3分、北西口前の小橋を渡り、直進、鶴屋2丁目交差点(左手にラーメン店)を左折し、数軒先の第7浅川ビル4階

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
045-594-9983
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト